2017/03/29  (水) 

春なので・・・

間があいてしましましたが、いつの間にやら3月も終わりが・・・

まもなく4月の新年度ですね!

 

この春からの新生活に向けて準備中の方も多いのではないのでしょうか!?

春は何かと環境や気持ちの変化が起きることも多く、

いろんなことを整理するにもちょうどいいのかもしれませんね!

 

ただし、そんなやる気を打ち砕く敵が・・・

 

ズバリ花粉です!!

 

毎年この時期にやってきては集中力を奪っていきます。

スタッフの家でもこの時期限定で家の箱ティッシュが保湿ティッシュに

ランクアップされています。

 

この花粉対策、本当は病院に行って薬を処方してもらうのが一番よさそうですが、

平日、仕事や学校に行っているとなかなかそうもいかないときもありますよね?

 

スタッフもその一人ということで自分でできる花粉対策をいろいろと調べてみました。

 

・目と鼻を洗う

 目と鼻を洗うことで異物を洗い流すことができます。

 ただ水道水では目の細胞を傷つけたり、涙も洗い流してしまうのでNG。

 鼻うがいも有名ですが、正しいやり方でないと痛くてできないことも・・・

 どちらも市販の洗浄液を使用するのが簡単そうです。

・衣類に付いた花粉は玄関ではらう。

 定番の対策ですが、とにかく花粉を家に持ち込まないこと!

・洗濯物や布団は外に干さない。

 同じく花粉を家に持ち込まないための対策!

・できるだけツルツルした洋服を着る。

 花粉の付きにくい素材を選ぶだけでも違いがあるそうです。

 また、つばの広い帽子なんかも顔回りの花粉よけ効果があるそう。

・キチンと睡眠をとる

 この時期は目に炎症が起こり、負担がかかっていることも。

 意識して目を休ませてあげてください。

・布団やベットについた花粉も対策を!!

 こまめに掃除していても何かと部屋の中には花粉やほこりがいるもの。

 寝ている間に吸ってしまわないように少し湿らせたティッシュやタオルで

 布団やベッドについた花粉をふき取ってから就寝すると良いそうです。

 

などなど。。。

 

意外と家でもできそうな対策も多いですよね。

花粉シーズンのピークはこれから!

少しでも快適な春を過ごしましょう(^v^)**

 

 

上に戻る

2016/11/07  (月) 

立冬

こんにちは

 

今年も立冬になりました。

立冬は毎年大体11月の7日前後なのですが

今年はぴったり7日なようです。

 

さてさて立冬って結局何の日なんでしょう?

簡単に言うと暦の上で今日から来年の立春までは冬ってことです。

 

大体本格的に寒くなるのもこの日を過ぎてからなので、

立冬の日は昔から「冬の支度をするとよい日」とされているそうです。

 

冬の衣類を出したり、ストーブをつけ始めたり、

この日に冬のものを使い始めると

ラッキーな冬になるって話まであるようです。

 

もちろん食べ物も♪

この日に冬の食べ物を食べるとよいといわれています。

冬の食べ物ってなんぞや?って話ですが、

要は「温かいもの」らしいです。

 

ちなみに11月7日が立冬になることが多いので

今日を「鍋の日」としているメーカーもあるくらいwww

 

ぜひみなさんも今日は冬支度をはじめて、

夜に温かいお鍋を食べてみてはいかがでしょうか。

 

2016年、ラッキーな冬になりますように・・・

上に戻る

2016/09/06  (火) 

9月の話題

あっという間に9月ですね!

 

なんだか今年は大きなニュースが続きすぎな気が…

このままいくと年末までには更なるビックニュースも出てきそうですね!

せめてよいニュースであってくれるとよいのですが。

 

さてさて、最近はもっぱら人気ブログを書いている某歌舞伎役者さんの

奥様のブログがニュースでも話題になっていますね。

 

ここ最近はなんだか「がん」という病気が非常に多い気がして、

正直びっくりしています。

 

また、治療法についても賛否両論ありますが、知人のお父様が食事療法のみで

末期がんから立ち直ったという話を聞いて、調べてみました!!

 

まず、がん発生の原因の大半が遺伝子の傷によるものらしく食事はとても大事なんだとか。

改善の基本となるのは肉食中心、塩分過多の食事を改め、

野菜や果物をジュースでたくさんとることです。

これにより、がんになりやすくなっている体質を正常な状態に近づけることができるそう。

 

特に大切なのはこんな感じ↓↓

 

1.塩分はかぎりなく無塩に近づける。

塩分の過剰摂取は体内のミネラルバランスを崩し発がんのもととなる。

 

2.動物性たんぱく質と脂肪(四足歩行動物)を制限する

動物性たんぱく質と発がんが密接に関係している。

動物性脂肪のとりすぎは発がんだけでなく動脈硬化を促進して脳卒中や

心筋梗塞のリスクを高める。

 

3.新鮮な野菜、果物(無農薬)を大量にとる

野菜や果物には抗がん作用のある抗酸化物質や体内のミネラルバランスを調整する

カリウムが豊富に含まれている。一日1.5〜2リットルのジュースでとる。

 

4.主食は玄米や胚芽米にし、イモや豆類もとる

胚芽に含まれるビタミンB群やビタミンE、フィチン酸、

豆類(大豆)に含まれるイソフラボンなどには抗がん作用がある。いも類もとるとよい。

 

5.乳酸菌(ヨーグルト)、キノコ、海藻をとる

腸内環境を整える乳酸菌(ヨーグルト)抗がん作用のあるフコイダンを含む海藻類、

免疫力を高めるβグルカンを含むきのこ類をとるとよい。

 

6.レモン、ハチミツ、ビール酵母をとる

クエン酸回路をスムーズに働かせるレモンは毎日2個とる。

精白した砂糖を避け、はちみつを活用。黒砂糖もおすすめ。

エビオス錠(医薬部外品)はビール酵母からつくられている。

体内で利用しやすいたんぱく質を含む。がん治療で動物性食品を制限している人は、

朝晩10錠ずつ、一日に合計20錠とる。

 

7.油はオリーブ油、ゴマ油、ナタネ油にする

植物性脂質もとりすぎると害になるものがある。

酸化しにくいオリーブ油やごま油、ナタネ油がおすすめ。

 

8.自然水を飲む

水道水には発がんを誘発する物質が含まれている。(残留塩素、古い水道管の鉛など)

 

9.禁酒・禁煙

タバコ、過度のアルコールは発がんにつながる。

 

まぁ、正直全部に気を使うことは難しそうですが、

無農薬でしかも低速のジューサーですりおろした人参ジュースがとくに効果があるらしく

先ほどの知人のお父様もこのジュースだけは頑張っていたんだとか…

食べるものって本当に大事なんですね!

とはいえこれからは食欲の秋が近づいてきますo(>o<)o

いろんな意味で気を付けなければっ!!!

上に戻る

オリンピックが始まりました!